読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪観光ゆるりガイド

大阪の観光や旅行を情報をゆるく紹介。

【スポンサーリンク】


浜寺公園プール、スライダー料金や駐車場、混雑情報。

浜寺公園プールは、大阪府堺市西区にあります。
夏の暑い時期に、営業するプールです。

大阪にある屋外プールの中で口コミも上々。
開業当時は、東洋一の規模を誇った浜寺公園プール。

幼児プールには、クジラとイルカの滑り台。
そして、小学生に大人気のジャイアントスライダーもあります。

スライダーは無料ではないのですが、身長制限はありません。
保護者同伴であれば、小さくても滑る事が可能です。

屋外プールで気になるのが、日陰の休憩所。
2箇所存在しており、幼児プール側の方が混雑は少な目です。

最寄駅から徒歩7分~10分と、アクセスもそこそこ良好。
電車を利用して、行く事が可能です。

それでは、浜寺公園プールの紹介です。
営業時間や駐車場、混雑、割引情報。

浜寺公園プールの見所

浜寺公園プールの概要

浜寺公園プールの概要を説明します。

営業時間と入場料金

営業期間は、7月2日・7月3日、7月9日~8月31日まで。
営業時間は、9時30分から18時までです。

7月17日以降の日曜と祝日、お盆の時期は、営業時間が変更。
入場時間が、9時からと30分早く入る事が可能です。

利用料金は、大人:930円・中学生:510円・小人:310円(4歳~小学生)。
3才以下の幼児は、入場が無料。

コインロッカー代は、100円となります。
利用料金は、1回の値段です。

プールなど種類

1.ジャイアントスライダー。
小学生に大人気の巨大スライダー。
1回100円、6枚つづりの回数券が500円。

2.変形大プール。
イルカの噴水がシンボルのプール。
この施設で1番大きいプールとなっています。

3.変形小プール。
クジラとイルカの滑り台が、お子様に人気。
幼児用プールです。

4.50mプール1面。
深い場所があるので、小学生以下は利用禁止。
また、7月21日~8月22日は、貸切になります。

毎日新聞社主催の浜寺水練学校で利用します。
そのため、一般の方も利用出来ません。

5.25mプール3面。
こちらはとくに利用禁止とかはありません。

割引券などの有無

割引券はないみたいですが、団体割引は存在します。
30名以上で、大人650円・中学生360円・小人220円です。

また、 障がい者手帳等を持っている方は、無料。
付き添い1名も利用は無料となるそうです。

売店や食事

室内で食事をするような施設はありません。
売店で購入して、外で食べる事となります。

また、お弁当や飲料水の持ち込みもOK。
あらかじめコンビニや売店で購入するのもありだと思います。

持ち込むと、売店で購入するより節約になるかもしれません。

お盆などの混雑具合

気になるのが、混雑具合です。
平日は、それ程気にする事はないでしょう。

休日やお盆の時期は、そこそこ混雑します。
ただ、プールが広いので泳げない程ではありません。

もちろん、混雑具合は、天候や時刻などのよっても変化します。
ご理解ご了承のほど、よろしくお願いします。

浜寺公園プールの駐車場

浜寺公園には、駐車場が存在しています。
最初の1時間400円、以降1時間毎に100円です。

プールに近いのは、第一駐車場。
空いているのなら、第一駐車場を利用した方が便利です。

浜寺公園プールへのアクセス

浜寺公園プールへの行き方です。

電車の利用する場合は、以下のアクセス方法が存在します。

南海本線浜寺公園駅で下車、徒歩10分。
阪堺線浜寺公園駅で下車、徒歩8分。

f:id:sarunokinobori:20160701205643j:plain
(周辺地図)