読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪観光ゆるりガイド

大阪の観光や旅行を情報をゆるく紹介。

【スポンサーリンク】


木津市場の献鯛式2017。今宮戎神社に鯛を奉納。

大阪の十日戎

木津市場(※)は、大阪市浪速区にあります。
民営の卸売市場です。

(※正式名称は、大阪木津卸売市場)

1月9日から今宮戎神社で始まる「えべっさん」こと十日戎。
この「えべっさん」に、木津市場から鯛が奉納されます。

木津市場の献鯛式です。
江戸時代から続く伝統行事となっています。

もちろん、ただ今宮戎神社へ鯛を奉納する訳ではありません。
今宮戎神社へ鯛を運ぶ様子が、イベントとなっているのが特徴です。

鯛を運ぶ行列(献鯛行列)には、今宮戎神社から福娘さんも参加します。
とても賑やかで見応えがある行事となっています。

またこの行列の特徴として、一般参加が可能だという事です。
事前登録が必要みたいですが、誰でも参加可能となっています。

献鯛式の行列参加の受付は、1月5日頃まで。
気になる方は、木津市場へ問い合わせてみて下さい。

今回は、そんな木津市場の献鯛式の紹介します。
何かの役に立てば幸いです。

【スポンサーリンク】



木津市場の献鯛式の見所

木津市場の献鯛式の概要

木津市場の献鯛式は、今宮戎神社に鯛を運ぶ行事です。
行列には、チンドン屋さんや福娘さんの参加します。

今年の開催は、平成29年(2017)1月9日。
今宮戎神社の十日戎の宵宮に、行われます。

木津市場の献鯛式の当日の流れは、以下の通りです。

★木津市場の献鯛式の流れ★

10時30分:集合・受付。

11時00分:催事開始。

12時00分:奉納行列の出発。

12時30分:今宮戎神社へ到着。

13時00分:解散。

-終了-

木津市場の献鯛式は、江戸時代に始まりました。
戎様にゆかりの深い一対の大鯛を、ざこば魚市場から今宮戎社に奉納。

そして、大量と商売繁盛を祈願しました。
一時期は中断しましたが、昭和58年に再開します。

現在では、ざこば魚市場流れを組む木津市場が、この行事を受け継いで、毎年今宮戎神社の宵宮に行われる行事です。

この行事の見所は、華やかな行列です。
チンドン屋さんに福娘さんが、参加します。

また、飾り鯛や大阪の伝統野菜、えびす米を乗せた「みこし」も、行列の魅力の1つです。

行列が歩く距離は、今宮戎神社までの約800m。
木津鯛歌を、合唱しながら練り歩きます。

木津鯛歌の歌詞は、以下を参考にして下さい。

◆木津鯛歌◆

鯛じゃ、鯛じゃ、えべっさんの鯛じゃ。
木津の市場のえべっさんの鯛じゃ。

えべっさんの鯛は、目出度い鯛じゃ。
目出度い鯛は福の鯛。

福の鯛で、商売繁盛。
商売繁盛は、えべっさん。

えべっさんの鯛は、木津の鯛。
鯛じゃ、鯛じゃ、えべっさんの鯛じゃ。

-終-

最後に、今宮戎神社の十日戎について、ご説明します。

◆今宮戎神社の十日戎について◆

f:id:sarunokinobori:20170102215815j:plain
今宮戎神社の十日戎は、1月に行われる恒例の行事です。
大阪では親しみを込めて、「えべっさん」と呼ばれています。

開催期間は、1月9日、1月10日、1月11日の3日間となっています。

この期間中は、今宮戎神社は、終日参拝可能です。
大変賑わう行事で、約100万人の人が訪れます。

この十日戎の期間に、福笹や熊手を購入して、福のご利益を得るのが、十日戎の目的です。

(※今宮戎神社の十日戎については、こちらを参考にして下さい。
今宮戎神社の十日戎。えべっさんの福笹や熊手で商売繁盛。

-終-

大阪木津卸売市場の駐車場

大阪木津卸売市場には、駐車場が存在します。
車で来られる方は、駐車を検討してみて下さい。

大阪木津卸売市場へのアクセス

大阪木津卸売市場への行き方です。

御堂筋・四つ橋線「大国町駅」より徒歩5分。
あるいは、南海線「今宮戎駅」から西へ徒歩8分です。

f:id:sarunokinobori:20170104211430j:plain
(周辺地図)