読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪観光ゆるりガイド

大阪の観光や旅行を情報をゆるく紹介。

【スポンサーリンク】


成田山不動尊の初詣2017。混雑具合と参拝時間。

大阪の初詣 大阪のお寺

成田山不動尊は、大阪府寝屋川市にある神社です。
大阪の初詣スポットなので、かなり人気があります。

お正月には、参道前の階段下には、多くの屋台(露店)の出店。
初詣の参拝者と合わさって、とても賑やかな雰囲気です。

また、根付の松や古木の梅、孟宗竹などで作られた、高さ13mにも及ぶ巨大門松が置かれており、参拝者を温かく迎えてくれます。

成田山不動尊は、千葉県にある成田山新勝寺の別院です。
成田山不動尊は、通称となります。

正式名称は、成田山大阪別院明王院です。
本尊として、不動明王が祀られています。

そんな成田山不動尊の初詣は、とても混雑します。
その混雑ぶりに、寺院周辺で交通規制が行われる程です。

交通規制の期間は、12月31日から1月3日まで。
参拝者以外の方も、ご注意下さい。

成田山不動尊の最寄駅は、京阪電車・香里園駅となります。
そこからバスか徒歩で、お寺へ移動です。

香里園駅から成田山不動尊まで、約1キロほど。
徒歩10分から15分となっています。

三が日は、初詣へ訪れる人でバスの中も混雑するので、歩いて成田山不動尊へ行く事をお勧めします。

今回は、そんな成田山不動尊の初詣の紹介です。
参拝時間やご利益などを掲載しています。

【スポンサーリンク】



成田山不動尊の初詣の見所

成田山不動尊で初詣の概要

成田山不動尊の初詣は、大阪でも人気がある初詣場所です。
成田山不動尊へ初詣に訪れる人数は、毎年約70万人となっています。

f:id:sarunokinobori:20161229204639j:plain
お正月の参拝者で70万人に規模は、かなりの大きさです。
三が日の境内は、とても混雑します。

成田山不動尊でのお正月の時間は、以下の通りです。

★成田山不動尊でのお正月の時間★

成田山不動尊の山門は、閉じることはありません
しかし、本堂には、開扉時間があります

12月31日23時から1月1日の21時まで。

1月2日と3日は、5時30分から20時まで。

1月4日から7日は、5時30分から19時まで。

1月8日から15日は、5時30分から17時30分までとなっています。

-終了-

この事から、成田山不動尊での初詣に行くには、いつが良いのか考えてみました。

まずは、三が日ですが、混雑します。
特に1月1日の元日は、終日本堂への参拝者が後を絶ちません。

それでも行かれるという方は、夕方以降がおススメです。
夕方以降になると、少しだけ混雑が緩和されます。

三が日の初詣は、夕方以降に行くの吉ですよ。
1月3日を過ぎれば、混雑もかなり緩くなります。

いつ訪れても良いのではないでしょうか。

★成田山不動尊のお正月の祭事・行事★

◆1月1日から1月31日:新年特別大護摩供。
本堂にて、参拝者の諸願成就を祈願します。 

◆1月1日から1月31日:新年お車交通安全ご祈祷。
祈祷殿にて、参拝者の交通安全を祈願します。

◆1月1日から1月5日:天国宝剣特別お加持。
成田山不動尊の宝剣による特別お加持です。

無病息災と災難魔除を祈念します。
お加持後は、天国宝剣が授与されるとの事です。

お正月の5日間だけ、大師堂にて行われます。
お加持料は、お心持ちだそうです。

ちなみに、天国宝剣と書いて、読み方は「あまくにのほうけん」。
「てんごく」ではありません。

-終了-

天国宝剣特別お加持を受けたい方。
1月5日までに、成田山不動尊へ訪れて下さいね。

成田山不動尊のご利益

初詣で気になるのが、その神社のご利益です。
成田山不動尊のご利益は、交通安全・災難魔除・開運厄除など。

特に有名なのが、交通安全の祈願です。
車を祈祷殿の前に止めて、人車一体で祈祷します。

人車一体の祈願を行った最初のお寺が、成田山不動尊です。

成田山不動尊の駐車場

成田山不動尊には、駐車場があります。
無料で約300台を止める事が出来ます。

ただし、三が日は交通規制が行われます。
ご注意下さい。

成田山不動尊へのアクセス

成田山不動尊への行き方です。

京阪香里園駅で下車。
そこから、徒歩10分ほどで到着。

あるいは、香里園駅から京阪バスに乗車。
成田山不動尊前の停留所で下車。

f:id:sarunokinobori:20161229204658j:plain
(周辺地図)

成田山不動尊の祭事・行事
成田山不動尊の節分祭。ゲスト出演あり。