読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪観光ゆるりガイド

大阪の観光や旅行を情報をゆるく紹介。

【スポンサーリンク】


大阪天満宮の天満天神えびす祭2017。御神酒笑姿で福を得る。

大阪の十日戎 大阪の神社

大阪天満宮は、天満天神えびす祭が行われる神社です。
大阪市北区の神社で、境内の北西に蛭児遷殿があります。

蛭児遷殿に祀られているのは、 蛭子大神です。
蛭子大神は、商売繁盛・産業発展に、ご利益がある神様です。

戎大黒福の神としても、親しまれています。

十日戎は、このえびす様にご利益を祈願する行事です。
大阪天満宮では、天満天神えびす祭と呼ばれています。

また十日戎は、、関西では、「えべっさん」とも呼ばれ、親しまれている行事です。

大阪の十日戎で有名なのが、今宮戎神社です。
開催期間中は、約100万人の参拝者が集まると言われています。

(※今宮戎神社の十日戎については、こちらを参考にして下さい。
今宮戎神社の十日戎。えべっさんの福笹や熊手で商売繁盛。

大阪天満宮の天満天神えびす祭は、どれぐらいの人数が集まるのでしょうか。
年によって異なるのですが、約20万人ほど訪れるそうです。

天満天神えびす祭は、三日間行われます。
1月9日が宵えびす、1月10日が十日えびす、1月11日が残り福(残り戎)です。

最も賑わうのはは、1月10日の十日えびす。
しかし、混雑するので注意して下さい。

今回は、そんな堀川戎神社の十日戎の紹介です。
参拝時間やご利益などを掲載しています。

【スポンサーリンク】



大阪天満宮の天満天神えびす祭の見所

大阪天満宮の天満天神えびす祭の概要

大阪天満宮の天満天神えびす祭は、平成19年(2007)に始まりました。
年々参拝者の数は増加して、今では約20万人が参拝します。

今年の開催は、平成29年(2017)1月9日、10日、11日。
三日間の時間は、以下の通りです。

★天満天神えびす祭の時間★

1月9日の宵えびす:10時から22時まで。

1月10日の本えびす:10時から22時まで。

1月11日の残り福:10時から21時まで

-終了-

天満天神えびす祭では、「神礼」「福笹」「吉兆」「熊手」「竹末広」などの、縁起物が授与されます。

また、御神酒笑姿の絵馬を、笹に付ける縁起物として拝受可能です。

この、御神酒笑姿の絵馬の授与が、天満天神えびす祭の特徴の1つだと思います。
ぜひ、この絵馬を拝受して、福を得て下さい。

★御神酒笑姿(えみす)について★

f:id:sarunokinobori:20170105221700j:plain
(御神酒笑姿)

お酒でほんのりと顔が赤くなったえびす様の姿の事です。

江戸時代の大阪天満宮では、蛭児尊遷殿神事が行われていました。
行われたのは、正月・五月・九月の十日です。

十日戎が行われる日は、多くの人が集まり、境内が賑わいました。
中でも、最も人が境内に人が集まった時代が寛政です。

御神酒をお供えすると、顔が赤く染まる御神像(御神酒笑姿)が評判を呼び、境内には人があふれたと伝わっています。

-終了-

また、大阪天満宮にある6つの門の1つに、戎門があります。
戎門は、大阪天満宮の西門です。

せっかくなら、くぐっておきましょう。
運気がアップするかもしれませんよ。

大阪天満宮の駐車場

大阪天満宮には、駐車場がありません。
公共交通機関を利用して、参拝して下さい。

大阪天満宮へのアクセス

大阪天満宮への行き方です。

JR大阪天満宮駅から徒歩5分。
あるいは、地下鉄南森町駅から徒歩5分。

f:id:sarunokinobori:20161225224048j:plain
(周辺地図)